Top > コレクト > 10代の思春期の頃とは違う

10代の思春期の頃とは違う

大人ニキビはパターンをつかんで対処しましょうという内容です。

20代になれば、できないものかと思っていたニキビ。

20代後半になっても、まだまだ健在で、いやになります。

10代の思春期の頃のニキビとちがって、大人ニキビと呼ぶそうですね。

できる場所も10代の頃とは違う気がします。

10代の頃のニキビは、鼻の頭や、鼻のまわりやおでこなど、脂っぽい部分(いわゆるTゾーン)と呼ばれている部分)にできて、白い大きいものが多かったですけれど、大人ニキビは、あごや口のまわりが多いです。

なかなか大人ニキビが治らない

これは、私の場合ですが。

個人によって、きっとちがうのでしょうね。

それから、できるのは、肌の汚れなどよりは、生活の不規則さ、食生活の乱れ、からくることが多い気がします。

私の場合は、仕事のストレスから、チョコレートを食べ過ぎてしまうことが多々あり、その翌日は、てきめんでした。

すぐ、あごに、ニキビが出没します。

人によっては、寝不足の翌日であったり、お酒を飲み過ぎた後だったり、するでしょう。

自分のパターンをつかんでおくと、ある程度防げますよね。

コレクト

関連エントリー
10代の思春期の頃とは違う